ラベルフィーユ21錠・28錠をネット通販で購入したい方におすすめの通販サイトは

ラベルフィーユ21錠・28錠は処方箋が必要な医薬品でAmazon(アマゾン)や楽天のような通販サイトでは買えませんし、一般の薬局や薬店、ドラッグストアでも買えません。

しかし、ラベルフィーユ21錠・28錠と同じ成分のトリキュラーの海外製なら海外の個人輸入サイトで購入することができます。

わたしがおすすめのサイトはベストケンコーというサイトです。

ベストケンコーなら海外製のトリキュラー21錠が12シートまとめて買えば、7,536円で買えます。

1シート(1ヶ月分)が628円で購入することができます。

>>おすすめのトリキュラー21錠の購入先はこちら

同じ成分だけど、製造メーカーが違って大丈夫か?

こんな質問があるかもしれません。

ラベルフィーユは富士製薬工業製、海外製のトリキュラーはバイエル薬品がライセンスした工場製です。

結論からいうと、使ってみないと分からないというのが本当のところだと思います。

ピルなどの合成女性ホルモン剤は微妙な違いで、副作用が変わってきます。避妊の効果はかわらないと思いますが、副作用、副効用の程度が変わってきます。

心配な方はまずは1シートから試してみるのがいいと思います。(もしくは、ラベルフィーユを病院で処方してもらうか)

ラベルフィーユの体験談

はじめまして。私は現在23歳で、大学を中途退学したのち、カフェ店員をしていますサイトウです。

私は、初めて月経を経験した中学生の時から、経血量の多さや、腹痛にひどく悩まされてきました。

月経の辛さは、遺伝によって親から受け継がれることもあると聞いた事がありますが、私の場合はまさにそれで、母親も経血量の多さと痛みの酷さから、現在でも通院しています。

低用量ピルについては浅い知識しかなく、なかなか手を出せずにいましたが、生理痛で仕事や日々の生活に支障が出てしまったり、望まない妊娠の可能性を少しでも減らしたいという気持ちから、思い切ってレディースクリニックに足を運びました。

そこで紹介されたのが「ラベルフィーユ」です。

クリニックでは問診票を提出し、先生から持病がないかどうかなど、確認や説明を一通り受け、血液検査をしました。

ラベルフィーユはジェネリック薬なので、値段は1シート2000円弱くらいでした。当日に購入できました。

服用前は薬の説明書に一通り目を通しました。初期症状として、普段より眠くなる場合や、足がむくみやすくなる等、たくさんの症例が記載されていました。

私自身感じた副作用としては、「普段より眠くなる」「足のむくみ」「軽い吐き気や頭痛」「疲れやすい」などでした。気持ちの問題が大きいのかもしれませんが、これらの副作用は2シート目に入る頃には出なくなりました。

そして何よりも、毎月悩みの種だったつらい月経が非常に軽くなりました。

不安定だった周期が落ち着き、経血量も以前の半分以下になりました。

以前は月経痛を乗り越えるために鎮痛剤を飲まなければなりませんでしたが、ラベルフィーユを飲み始めてからは痛みがほとんどなくなったので、鎮痛剤は必要なくなりました。

以前はだらだらと続いていた月経期間も、ラベルフィーユを服用すればホルモンのコントロールをしてくれるので、次のシートに入ればすぐに終わります。

自分自身何年も悩んでいた月経が、こんなにも改善されてとても感動しました。

月経の痛みや量りからくるストレスから解放され、現在では日々の生活も充実しています。

低用量ピルを服用していれば、年に一回必ず子宮の検査や血液検査に行かなければなりませんが、月経で悩んでいる女性にはとてもおすすめだと思いました。

ジェネリックだから怖い、という意見もあるとは思いますが、私を含め、実際に服用している人はたくさんいて、問題なく日々を過ごせているので、神経質になりすぎる必要は無いと思います。

気になっているけど不安、と思っている方は一度レディースクリニックに足を運んでみてください。

きっと新しい明日が待っています。

タイトルとURLをコピーしました