トランサミンを市販で買いたい方におすすめのサイトは

トランサミンの体験談~風薬で処方される薬

トランサミンは私が鼻炎(花粉などアレルギー性によるもの)、風邪(熱、のどの痛み、痰、鼻水を含む症状)のときにいつもの耳鼻科で良く処方される薬です。具体的にはトラネキサム酸錠500mgという先発薬の処方をいただいています。トラネキサム酸のジェネリック薬品はいまだに飲んだことがないので効能の比較は出来ません。
トラネキサム酸と一緒によく処方されるのはムコダイン錠500mg、フェキソフェナジン塩酸塩錠(アレグラ錠)60mgです。そのときの症状に応じてステロイド剤、点鼻薬の処方がありました。
ムコダイン錠とトラネキサム錠は朝昼夜の食後にそれぞれ1つずつ、フェキソフェナジン塩酸塩錠は朝夜の食後に1ずつつ飲むという指示がありました。それよりも少なかったこと、多かったことはありませんでした。
曜日の関係でいつもの耳鼻科ではなく内科に行ったときにトラネキサム酸は処方されず、アジスロマイシンのジェネリック薬品、その他もろもろの薬を処方され、それを服用したときにおなかが緩くなってしまい、しかも一晩開けても咳が治まらなかったのでいつもの耳鼻科に行き、トラネキサム酸錠、フェキソフェナジン塩酸塩錠、ムコダイン錠、抗菌薬をいただいたら嘘のように咳が治まりました。
また、私は薬学部生で、トラネキサム酸の薬理について大学で学びました。
トラネキサム酸の薬理はプラスミンによる線容系活性を抑制して止血を増強することであり、トラネキサム酸はプラスミノーゲンからプラスミンへの変換を阻害、それからプラスミンに結合してフィブリンとの結合を妨げて線溶系活性を抑制する効果があります。確かに、のどの腫れ、痛みを抑えることができるので風邪薬として処方されました。のどの痛みで咳き込むので、咳を止める役割をしていると学びました。トラネキサム酸は私に合っており、フェキソフェナジン塩酸塩錠、ムコダイン錠と共に服用すると大体3~1週間ほどで症状が落ち着きます。”

タイトルとURLをコピーしました